WEBサイトにおける映像制作の重要性は、昨今どんどん高まっています。

WEBサイトのコンテンツには、基本的にテキスト、画像、動画の3つがありますが、この中で一番訴求力が高いのが動画です。動画は誰でも気軽に閲覧でき、しかも物事をとても分かりやすく手軽に紹介できるので、サイトに動画があると強力です。特に始めてサイトを訪れてくれた人に対しては、音と映像を使って一気に興味を引かせるというのが効果的です。しかし、一昔前はインターネット通信インフラが貧弱で、通信容量のかさばる動画はあまり思うように使えませんでした。

しかし現在はブロードバンド環境が整い、動画は使い放題というような状況になっていますから、映像制作の必要性はグンと高まりました。映像制作のコストも昔とは比べ物にならないくらい下がっています。昔は映像制作をするといったら、何十万円もするようなビデオカメラが必要でしたが、現在はスマホやデジカメなどでも動画撮影をすることが可能ですし、動画データの編集も無料ツールで簡単にできてしまいます。

しかし、企業で宣伝やCMに使う映像は、単に作ればいいというものではありません。自社のイメージをアップするような映像でなければならないのです。あまり汚い映像を制作してしまうと、会社のイメージダウンにつながります。そこらへんの映像制作のノウハウは、普通の中小零細企業ではやはり持ち合わせていないのが現実ですから、外部のプロにお任せする方が賢明です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *