映像制作の料金は、流される映像を「企画」する、「撮影」する・「編集」するまでの工程で決まります。

さらにどんな人が何人でどんなことをしたかや、撮影した日数・編集と修正の回数などでも変動します。これにスタジオや照明などの機材にかかった費用の合計が、全体の料金となります。映像制作では、仕上がった映像を見るだけでは判断できないことが多いでしょう。ときには似た様な映像でも金額は大きく違ってきて、30分よりも3分の映像の方が高額になる場合もあります。映像制作にはカメラマンや編集ディレクター・ナレーターなど、多くの人が関わります。

撮影内容によっては設備や機材も用意しなければならないことも。ですので、制作費用には、これらを用意するために動く人数と時間・用意する物などによっても変わります。例えばCG映像の制作ならば、映像の時間が同じでも、制作期間が違うので費用も異なってしまいます。CGという特別な技術や映像のセンスを持った人しか作れない映像であれば、その技術のレベルに合わせた料金を支払う必要があります。

誰も観たことがないような映像を作りたいとすれば、企画費用が撮影や編集よりも多くを占めるでしょう。また、持っている写真やビデオなどの映像を使って欲しいときは、編集以外の工程が発生しないので、映像制作の費用を大幅に抑えることが可能になります。映像のクオリティーは下げずに、使用する素材を持っている画像やイラストにすることで、返って印象深い作品になるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *