映像制作の現場は常に新しい感性が求められています。

また基礎をしっかりと学んだ上で就職する事で、即戦力としての活躍が期待出来るでしょう。しかしただ基礎を学んだだけでは、厳しい面も確かにあります。現在のトレンドの流れは非常に速く、数ヶ月で古い印象を与える事になってしまう場合もあるので、常にアンテナを張って世界のトレンドを追いかける必要があるでしょう。またトレンドから学ぶ事はもちろんですが、それを自分の表現として消化する事も大切になってきます。

トレンドの雰囲気を真似る事は簡単ですが、そこにオリジナリティーも必要になるのがプロの世界です。映像制作の現場では、常に的確な判断で作業を行う必要がありますが、センスを高めながら実績などをしっかりと作って確固たる表現を身につけていきましょう。映像制作のセンスを鍛える為には、より多くの作品などを鑑賞するようにしましょう。鑑賞する作品は現代の作品はもちろんですが、昔の映像作品などもしっかりと鑑賞するようにしましょう。

100年前の映像作品でも、非常に刺激を受けるものも多く、実験的な作品や、アニメーションなどそのジャンルは様々です。昔の表現を学ぶ事で、本当に新しい表現がどのようなものなのか分かり、新しい新鮮な作品を作り出す事が出来るでしょう。映画や、アニメ、コマーシャルなど、映像制作の現場では多くの人材を必要としているので、毎日学ぶ姿勢を保ちつつ、映像業界のドアを叩いてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *