映像制作は、テレビ番組などの制作や編集、ゲームやアニメーションなどの映像に関わる仕事を指し、仕事の種類は制作系と技術系に分けられます。

時代を読み取る力やアイデア力が要求される、制作系の仕事の1つ、ディレクターは、リサーチや視聴率調査、調整や雑用など、番組制作のための様々な業務をこなす必要があります。ディレクターは、プロデューサーの意向に沿って番組の制作や演出を行います。しかし、ディレクターを志望してもすぐになれるわけではなく、まずはアシスタントディレクターからスタートし、映像制作の基本を学んだ後、チーフとして編集や撮影の仕事を覚えます。そして、プロデューサーは、テレビ番組の制作をするためのスポンサーの手配や、企画立案や出演者との交渉などの業務を行います。

アシスタントからスタートし、取材先との交渉や出演者のスケジュールの確保など、プロデューサーのサポートをします。それから制作デスクは、映像制作にあたる関係者への連絡や段取りなどを行うため、コミュニケーション力が求められる仕事です。番組の構成や流れを台本にする構成作家は、面白い番組作りのため、出演者の個性や番組の趣旨を理解する必要があります。一方技術系は、企画系のスタッフが考えたアイデアを形にする仕事で、様々な種類があります。

まず、撮影時の録音を行う音声は、上手に音声を拾えるようになるまで、経験を積む必要がある仕事です。そして、ロケ現場やスタジオで撮影を行うカメラマンは、撮影技術だけではなく、場面に応じた映像を撮影することが要求されます。カメラマンは、機材の準備などの雑用をする、アシスタントからスタートします。技術系にはその他にも、マイクのセットや音声の調整などを行う音響オペレーターや、照明機材を使用して光を供給する照明オペレーターなどの仕事があります。映像制作の現場では、多くの人が携わって1つの作品を制作しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *