食欲をそそられる映像制作をすることができれば、飲食店の売り上げアップにつながる可能性があります。

飲食店の映像制作で大切なのは、食べ物の色、調理している時や食べているときの音、といった情報を視聴者に伝えることです。美味しそうな色が画面に広がっていれば「食べてみたい」と感じますし、肉が焼けているジュージューという音や、ラーメンをすすっているときのズルズルという音が聞こえてくれば、視聴者が自分も食べているような脳内イメージを再生してくれます。

こうやって映像を見せているうちに「あの飲食店に行ってみたい」「あの商品を食べてみたい」と共感してもらえる可能性があります飲食店の映像制作は、自分でやらずに映像制作会社に依頼した方がいいでしょう。自分たちでもカメラやスマートフォンを使って動画を撮ることはできますが、色が悪くなってしまうとかえって美味しくなさそうに見せてしまうこともあります。また、訴えたいポイントがずれていると何を伝えたいのかよくわからない映像に仕上がってしまうこともあります。

飲食店のPRのために映像制作会社を選ぶならば、同じように飲食店のPR映像を作って成功した実績があるところに頼みましょう。過去の実績映像を見て、センスがいい、自分たちのイメージに合っていると感じたら相談してみるといいです。見積もりを取る時には、1社ではなく3社くらいの複数社に依頼しておくとお互いを競わせて安くしてもらえることもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *