映像制作を依頼したいと思っても、値段がいくらなのかわからないと不安です。

見積もりを見ても内訳がよくわらず、適正価格なのかどうかわからないというケースも少なくありません。なので、まずは映像制作にかかる費用はどこにかかっているのかを知っておくといいでしょう。まず第一にかかるのは、人件費です。これが動画の品質や企画に関わってきます。目的に合わせたストーリー展開などを考えるのがプランナーです。この企画にかかる費用が企画関連費で、もしこの部分を自分たちで作ることができるならば企画関連費は0にできます。

しかし、映像制作をしたことがない人が、視聴者を釘付けにするような脚本を考えるのは難しいです。ここがプロと素人の違いでもあるので、普通は発注主が企画プレゼンを依頼し、その中から一番良いアイデアを選びます。この費用は、映像の長さや数によって変わってきます。有名なクリエイターが制作にかかわればその分高くなります。一般的には15秒で3万円~、30秒で5万円~が相場です。

映像制作会社によっては、その後必ず実制作まで任せてもらえる場合には、企画関連費を少なくしてくれることもあります。映像だけではなく企画コンテなどを使いたい場合には、制作する費用が別にかかるので注意が必要です。自分たちで企画できれば費用はぐっと抑えられますが、訴求力のある映像に仕上げたいのであればプロのプランナーに頼んだ方が結果的にコストパフォーマンスは良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *