広告媒体の中でも増えているのがデジタルサイネージです。

映像制作を手掛ける会社の中にはデジタルサイネージ用の映像を得意としている所も多くあります。商業施設、公共施設と言った場所は、人が多くいる場所でもあり、デジタルサイネージ広告の役割は高くなります。しかし、お店の中だけ、一定の角度からしか見えないと言った場所でもデジタルサイネージ広告は限定的な見せ方が可能になるため多方面で利用が行われています。

尚、中にはプロモーション映像があるので、その映像を使ってデジタルサイネージ用の映像にしたいと考える人もいるのですが、展開されるデジタルサイネージの形に合わない場合には、新たな映像制作を行った方がコストは安くなるなど、プロモーション映像と同じ効果を期待しようとした場合、見る場所が変わる事で映像の作りは変わってしまい。広告としての結果が出て来なくなるケースもあります。

映像制作を手掛ける会社の中でも経験や実績を持つ制作会社の場合、既存の映像をチェックした上で、新たな映像制作を行った方が良いのか、それとも映像を加工して制作を進めた方が良いのかと言ったアドバイスを的確に行って貰う事が出来ます。尚、映像制作の流れと言うのは、企画構成やスケジューリングを作り上げるための打ち合わせからスタートします。最初に、制作会社によるヒアリングを行って、サンプルの提案や仕様の確認、予算やスケジュールなどの摺り合わせ、企画書の作成や絵コンテを作成し、制作がスタートします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *