動画というのは伝えたいことを簡潔に簡単に伝えるためにも都合が良いものです。

ですが制作している側が楽しいとついつい自分目線で自分中心で作ってしまうことが多いです。自分だけで楽しむものであればそれでも良いですが、多くの人に見てもらったり感想を聞いたりしなければいけないようなものであれば、そんな自己満足だけではいけないものです。ですから、視聴者がどう思うか、どのように感じるかも確認しながら視聴者目線でも考えて作ってみましょう。

そうすることで自分では良いと思っていたものが意外と他人からは良いように見えていなかったり、意外なミスなども客観的に見ることができるようにもなるでしょう。そこで動画制作をするのであれば、自分で行うのではなくプロに任せてみても良いでしょう。プロに任せたものであれば納得いくように仕上げることもできるものです。また、動画制作についてこれからも行う機会が多く、自分で上手く作れるようになりたいというような人であれば、動画制作について学ぶことができる専門の学校に行ってみるというのも良いでしょう。

プロになるために必要な技術や基本的なことも学ぶことができます。動画制作は見よう見真似でできていたような人も多いですが、そうした自己流を貫いてきたような人であれば基本的なことや基礎的なことは分かっていないということもあります。ですからもう一度初心に戻るという意味でも学校に通ってみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *