自社を紹介する動画やVTRを持つ企業が増えています。

各種の動画サイト利用者が全世界におり、ネット環境が整備された日本では消費者が商品の購入やサービスの利用を検討する際、従来のようにCMではなく企業が制作した動画をネット上で参考にするケースは年々増えていると言われています。企業がこのような動画制作を考える、自社でやるか外注にするかでまず議論が始まるかと思いますが、外注ありきで検討を始めることをおすすめします。

大企業を中心に、流行りのCMにも負けない魅力的な動画を自社HP等で展開している会社は少なくありません。コストを抑えるために自社で制作した動画が消費者に受け入れられなかった場合、マイナスイメージを増幅させることにもなりかねないのです。自社の強みを全世界に発信するコンテンツを作るのですから実績も経験も豊富な業者や代理店に依頼する方が間違いありません。また、仮に広報の部署に自社で雇い入れたデザイナーや動画制作に明るい社員がいたとしても、自社制作はおすすめしません。

企業の広報には常に第3者の目線が必要です。自分たちが会社の特徴や魅力だと考えていたものが消費者にとってそうではなかったという勘違いは、企業の広報が失敗するケースでは最も多い原因です。広報広告に明るいプロの意見、外から見た自社の強みを反映させることで、広く受け入れられかつ洗練された動画を作ることが初めて可能になります。動画制作の外注にはそれなりのコストがかかることが多いですが、潜在的なメリットや上に挙げたリスクの防止を考えれば必要な投資だと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *