ここ数年、動画を見る人だけでなく、自分で作って公開する人も増えてきました。

誰かが制作した動画を見ていると自分も作りたくなるという部分も大きいでしょうけれど、スマートフォンのアプリなどで簡単に作れてしまうという部分も見逃せない要素でしょう。スマートフォンがあれば、動画制作から公開までそれ一台でできてしまいます。その品質もなかなかのものだったりしますから、それで夢中になる人がいても不思議はありません。しかし、よい道具があったほうがやはり高品質の動画ができます。

しかも、動画制作にかかる時間を大幅に短縮できたりします。たとえば、スペックの高いパソコンであれば、かなり長い動画を編集しても、メモリがいっぱいになってパソコンが固まったりしにくいです。ところが、古いスペックの低いパソコンであれば、メモリが足りなくなって、頻繁にパソコンを再起動する必要が出てきます。よって、編集にかなりの時間を要することになります。以上のことから、動画制作にはまずはスペックの高いパソコンがほしいところです。

その他に、動画制作に使うカメラや編集ソフトもある程度の実力のある物を使ったほうが楽に美しい動画を制作することができます。編集ソフトなどは無料でもいいものがたくさんあります。けれど、無料である分、広告が入ったりします。これは当然といえましょう。つまり、満足できる動画制作のためには無理のない範囲でよい道具を用意し、そして、その道具に慣れ、さらに編集に慣れていけばよいのです。そうすれば、ついこの前まで全くの素人であっても、意外と簡単に玄人っぽい動画を製作できるようになるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *