各企業で「脱マニュアル」の流れが進んできました。

有名なゲーム企業が販売する最近の最新ソフトには、なんと紙の説明書が付属していません。一見するとマニュアルをなくすことはデメリットにしか思えませんが、実際はむしろ顧客満足度の向上に結び付きます。紙の説明書をなくすと同時にそのゲーム会社はソフトの中に、丁寧なチュートリアルを挿入しました。現実問題として大勢の一般消費者は同封された紙の書類を読みません。

加えて企業側もそのような書類を丁寧に制作してプリントアウトするのは非効率です。ゲーム内に製品の醍醐味と遊び方を明記したチュートリアルを入れる事で、お互いメリットが得られます。ユーザーは感覚的に遊び方が理解でき、企業側も印刷費や手間が削減できウインウインの関係です。脱マニュアルの流れは他の分野にも進んできており、説明書をなくす代わりに製品の使い方を分かりやすく解説した動画をネットにアップする企業が増えてきました。

製品のトラブル解決方法や使い方を明記した動画をアップすれば、ユーザーが自力で基本操作を覚えてくれます。動画制作をする事で製品の使い方を直感的に学習してもらい、なおかつサポート窓口への問い合わせを上手く減らせるのです。動画制作にはコストと手間が掛かります。しかし一度初期投資をして動画制作をすれば、後はネット上にアップロードされた動画マニュアルが、半永久的に自動的に一般消費者のトラブルシューティングを代行してくれるため、顧客満足度の上昇と問い合わせ対応の手間が減らせて企業側にも大きな恩恵となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *