現代では必ずと言っていいほど、結婚式の際にプロフィールムービーやオープニングムービー、エンドロールなどの映像を流します。

これは、2人の馴れ初めや自己紹介をする上で、司会者の説明よりも映像の方が相手に、より分かりやすく伝えることができるからです。よって、演出の1つとして動画制作が採用されているのです。動画の特徴は、視覚と聴覚に同時に訴えることがてきるので相手へ感謝の気持ちなどを伝えたい場合にインパクトを与えることができ、より伝わりやすいです。

動画で伝えることで、インパクトがあるというメリットを活かそうと、会社等では業務のマニュアルを冊子ではなく映像で伝えようと、動画制作をする場合があります。冊子では、特に細かい部分が文章では伝わりにくいことがあるので、それを映像によって微妙なニュアンスを伝えます。特に、物作りをする必要がある現場のマニュアルには、動画制作をした方が伝わりやすいことが多く、冊子で何回見ても分からなかった部分が動画だと、1回見ただけで分かるということもあります。

動画が分かりやすいというのは、人間が物を覚える上では見ることよりも実際に体験した方が脳で覚えやすいという特徴を持っているからです。動画を見ることで、疑似体験をしたような感覚になります。なるべく早く覚えるためには、動画を見た後に実際に、そのやり方を真似て実行することです。それが難しい場合は、動画を流しながら、その動きをイメージして体を動かしてみることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *