自宅のパソコン等を使って動画制作をする際、してしまいがちな失敗はいろいろあります。

まず、その動画をどこかのスクリーンなどで流す場合に多いのが画面の見切れです。完成して確認した際パソコン上の画面ではおさまっていても、いざスクリーンに映してみると端の方が切れてしまっていることがよくあります。文字や字幕を付ける場合は、できるだけ端の方には余白を持たせておく方が安心です。

また映す画面サイズの縦横の対比も確認しておかないと、縦長の映像になったり横長の映像になったりしてしまうので注意です。始まり方と終わり方にも気を付けた方が良いでしょう。いきなり動画が始まり、いきなり動画が終わるような構成だと、見ている方は少し戸惑ってしまいます。

フェードインとフェードアウトをうまく使いましょう。特に最後には余韻を持たせるようにします。もし声付きの動画にBGMをのせるのであれば、その音量にも注意しなければなりません。しゃべっている声と音楽がかぶってしまうと、何を言っているか聞きとりづらくなってしまいますのでその部分は音楽のボリュームを少し下げるようにします。

また盛り上がりが欲しい部分は音量を上げるなどすると良いでしょう。動画制作は何回かやっているうちに気を付けるべきポイントがわかってきます。もし失敗をしてしまったらメモやふせんなどに書いておき、次回の動画制作の際に同じミスをしないように確認するようにしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *