ホームページ制作ではHTML言語とJavascript、CSSが利用されます。

以前はFlashも多様されていましたが、現在ではJavascriptなどに変更されることとも増えているようです。ホームページ制作ではHTMLやCSSによってホームページの基板を作っていきます。そして動きのある部分にJavascriptを利用することが多いようです。HTMLはHTML5と呼ばれる最新版が使われることが多いです。HTML5では簡潔にHTMLをかけること、また、機能も増えたことで採用される場合が増えています。

また、スマートフォン向けのホームページにおいては必須とも言える言語です。CSSはホームページの見た目を提供する言語です。HTMLから呼び出されて利用されますが、文字修飾などホームページ制作では必須とも言える言語の1つです。CSSもバージョンが上がってきており、より洗練され、また、使い勝手が良くなっています。

JavacriptはHTMLと共に古くからある言語ですが、一般的にはGoogleマップで採用されてから見直され現在では多くの現場で利用されている言語です。文字の修飾変更から動画の制御、アニメーションなど多彩な機能を持っています。ただし、スマートフォンに向けては機能が制限されることも多く、HTML5を利用することが多いようですが、HTML5との連携もできるのでPC向け、スマートフォン向けでも利用範囲が広がっています。
動画制作のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *