インターネットはテキストコミュニケーションから画像を扱えるようになり、現在では動画も扱えるマルチな環境です。

そのほとんどで活躍するのがブラウザです。ブラウザは有料、無料様々ありますが、元々はテキストのみを扱い、ビュワーとしての役割をもったものでした。それをみた研究者の一人が画像を扱えるようにしたことから一気に広がりました。インターネット上の情報は蜘蛛の糸とも言われており、さまざまなところと相互接続しながら網をどんどん広げています。双方に繋がると重要になるのがお互いの情報共有です。そのため、ブラウザという比較的簡単に使えるツールが重宝されます。

インターネットでは情報公開する文化が強くありますのでブラウザという武器を手に入れたことで表現力が一気に増しました。ブラウザはフリー版から公開されていますが、途中で有料版が登場しています。それまでの表示が遅いツールを作り直し、使い勝手を上げて販売されていたのがネットスケープです。販売数は全世界的に爆発的に広がっていました。

しかし、インターネットエクスプローラーが無料提供されたこともあり、シェアは一気に下降します。しかし、マイクロソフト社がソースを公開しなかったこともあり、オープンソース版のネットスケープがさまざまな派生形を作りながら生まれて現在に至ります。特にオープンソース版が出始めると使い勝手、速度、表示の適切さなどが議論となり、戦争状態と言われるほど激しい開発競争が繰り広げられています

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *