インターネットはコミュニケーションツールです。

文字、動画、画像、あらゆるフォーマットは情報共有するために使われます。コミュニケーションツールとしてのインターネットは仕様としてはデータのやり取りしか規定しておらず、上位の規格としてさまざまなコミュニケーションが可能となっています。インターネットで使われる文字、画像、動画はすべて世界中で使えるように規格化されており、自由に使うことが可能です。コミュニケーションツールとしてもっとも使われているのがブラウザです。

Windows系ならインターネットプブラウザシリーズが使わることが多いですし、MacOS系ならSafariが多いようです。加えてOSのプラットフォームに依存しないブラウザとしてChromeやFirefoxがシェアを急速に広げています。ブラウザは選択できる時代なので好みに合わせて利用すれば良いですが、選択する基準はいくつか提案されています。1つ目はブラウザのインタフェースが使いやすいかです。

ブラウザにはホームページの表示機能だけではなく、さまざまな追加機能があります。追加機能はOSに依存していることも多く、ある機能が使いたいからブラウザを選択したという方も少なくありません。また、ブラウザには追加機能を選べる仕組みが用意されていることが多く、自分が使いたい機能を集めて自分用のブラウザを作ることが一般的です。単なる文字画像表示ツールから日常生活におけるコミュニケーションのためのツールに進化しています

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *