映像制作は、就職にとびきり強いとされています。

その秘密は、業界との太いパイプにあります。各専門学校は、実際に映像制作事業を柱としている各社と提携を結んでいることが多いのです。これによって、優秀な生徒がいれば率先して就職をサポートしてくれますし、受け入れる方もそのつもりの準備をします。ですから、多くの映像制作系専門学校は就職率がとても高い傾向にあるのです。もちろん、映像制作の仕事自体が成長中で、優秀な若手の数が足りていない状態にあることも一因なのは間違いないです。

ゲームは続々発売されて、どんどんグラフィックはハイレベルになっていきます。グラフィックのレベルが上がるということは、それだけ働き手が必要ということですから、まだまだ人手不足の傾向は収まることないでしょう。一定レベル以上のスキルがあれば、ほとんどの人が満足に就職できるのです。就職どころか、転職も比較的自由にできる業界ですから、まさに狙い目だと言えます。

仕事の内容はかなり地味な作業が多いですが、クリエイティブなことが好きならどっぷりハマれること間違いなしです。自分の作った3Dキャラクターがゲーム内で動いているのを見ると、ある種の感動があります。いまならやはりCGを学んでおくのが一番失敗を少なくできます。全世界的にCGを使った映像制作にシフトしてきていて、日本もまさにその渦中にあるためです。実写系の仕事をどんどんCG系の仕事が奪っているのが現状です。
動画制作のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *