映像制作と聞いてぱっと思い浮かぶのものはCMや映画などでしょう。

技術が著しく進歩している映像業界ですが、どのようにしてうまくビジネスを展開しているのでしょうか。例えばwebページや個人の動画で使われるような比較的簡易的な映像では、いかに限られた時間や大きさで最大限に表現するかがもっとも重要となってくるでしょう。挿絵のように手軽で脇役になりながら伝えたいことやアピールしたいことを表現するには衝撃や個性のある映像が必要とされるでしょう。また、プレゼンテーションやテレビのコマーシャルでも同じことが言えます。簡潔で相手の頭に残るような映像にする工夫が必要です。

他に、映画や風景映像などがあります。映画では見せたいものに注目させながらも他との関連性が分かるような映像を撮るカメラワークが重要になるでしょう。アクションシーンでは臨場感を出すために激しく揺れた映像にしたり、周りが暗いシーンでは物体の素材がわかるような音を挿入するなどです。映像制作では音をうまく使うことも大切なことです。風景映像では自然の美しさや雄大さを表現するためには高画質で撮ることがポイントでしょう。

見せたいものそのものに寄ってみたり遠くからヘリコプターやラジコンヘリコプターなどで撮影することも映像を撮る上で良い技術となるでしょう。映像制作では常に見る側の立場になって撮ることが良い映像を制作する上での近道となります。また、進歩した技術をうまく使いこなすことでさらに良い映像を作り上げることができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *