一般的な市販のデスクトップパソコンかノートパソコンがあれば、映像制作は個人的にすることができます。

なぜなら、現代のパソコンは昔に比べれば数十倍も高性能になっているので、おおよそどんな作業でも軽々こなしてくれるからです。昔はこんなにもいい性能のパソコンがなかったので、プロの人もしょぼいマシンで作業をしていました。一昔前のプロが使っていたハイスペックマシンも、今では三万円以下という格安の値段で手に入れることができるわけです。三万円以下のパソコンでも、プロレベルの映像制作をすることができます。実写映像ならHD画質のものを作れますし、3DCGもさくさく動かせます。

いくつもの画面を並べて同時に作業してもあまり重くならないので、根気強く作品作りに打ち込めばかなりのクオリティを叩き出すことも可能です。ソフトはプロユースのものを購入しようとすると数十万円かかってしまいますが、フリーの映像制作ソフトもいくつか登場してきています。英語のものが多いですが、有志が日本語化のプロジェクトを進めているのでそれを使わせてもらえばストレスなく操作もできます。フリーでもあまり性能面で限界を感じることが少ないでしょう。

素人ならフリーソフトでも十分ですし、フリーソフトで数年勉強してからもっと高い市販のソフトを買うと後悔が少なくていいです。作った映像作品は、すぐに動画サイトにアップロードすれば、世界中の評価を仰ぐことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *