ビジネスとして、成立つ映像ビジネスというのは、それはインターネット関係です。

もちろん、プロモーションビデオやテレビコマーシャルの映像制作なんかもありますが、極めてハードルが高く、個人で参入するのは殆ど不可能です。まず、信用を積み上げていくところから、極めてハードルが高いです。

ですから、個人として、映像制作ビジネスをしようとするのであれば、企業を狙い撃ちするのではなく、不特定多数の人に見てもらうことができる映像を世に出すほうがよいです。つまりは、インターネットによる広告収入を得るのがビジネスモデルとして成立っているのです。インターネットというのは、様々な映像が配信されていますし、大抵の場合は個人製作のものは無料です。

そして、アイディア次第でそれなりに面白いものがあり、そうした映像を見て回ることが趣味になっている人も多いです。特に最近では面白い映像はすぐに拡散しますから、最整数はすぐに増えることが多いです。あくまで面白くて、世の中に認められたものであれば、という話ではありますが、そこに広告がつくわけです。そして、それが再生された回数によって、報酬を受け取ることができるのです。これが映像制作ビジネスとしてとても人気になっています。場合によっては、それこそ、小遣い程度ではありますが映像制作を趣味としている人にとっては、とにかく発表できる場と報酬と言うわかりやすい評価がしてもらえるのが有難いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *