個人的な映像制作がお金になる時代になっています。

それがインターネットの映像市場であり、要するに自分で世界に動画を発信するのです。それは番組的なことであったりしますし、或いは単純に一発動画であるときもあります。例えば、動物を映したほのぼの動画であることもあります。

そんなものを誰が見るのか、ということがありますが、何か変わった行動をしている動物などであれば、話題になるときもあります。ですら、意外とそうした動画は再生数が侮れないのです。これでどうやって、お金にするのか、ということですが、単純にその映像が再生されるといくら、という形の広告収入が入るのです。すべての動画にそうした広告がつけられるわけではないのですが、最近ではこうしたサイドビジネスが個人でとても増えているのです。

それは動画作成のハードルが下がっている、ということでもありますし、そして、インターネットの発展によって、そもそもそうした行為がとても楽になったのも理由の一つです。映像制作には昔はかなりお金がかかったものですが、今ではかなり安くできるのです。何しろ、個人のパソコンで十分に映像制作ができますし、撮影もそれこそ、携帯電話で出来ることがありますから、かなりハードル下がっているのは確かです。お金があまりかからない、というのは、参入しやすいわけですから、とにかく稼ぐ機会があるならばやる人は増えるのは当然であるといえます。但し、極端に儲けている人は少ないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *