映像制作に関しては、独学で学ぶということはほとんど不可能に近いです。

なぜなら、そもそもプロユースの映像制作ソフトは非常に高価で、個人ではなかなか買えるものではないからです。一本50万円でもまだ安いほうで、100万円以上のものも多数存在しています。専門学校なら、こういった高額な映像制作ソフトも自由に使わせてもらえますし、学割を使って安く購入することができる場合もあります。ですから、そのためだけにでも専門学校には通う価値があるのです。

映像制作の専門学校では、将来どういった仕事に就きたいかによってコースが分類されています。3DCGをやるコースや、映画製作のコース、アニメーションコースなどさまざまあります。

コースによってはまったく勉強する内容が変わってくるので、ビジョンに合ったコース選択が必須です。数年みっちり勉強をすれば、多くの人はプロになることができます。テレビ業界に就職できたり、映画産業に携わることができたりします。他にもいまでは、アニメ制作の現場に出ることができたり、ゲーム会社で多額の年収を獲得することも可能です。非常に夢のあるジャンルであると言えるでしょう。コンピューターグラフィックスの世界は、今後もますます成長していくものだと見込まれているので、モチベーションを高く勉強に励めます。映像制作ができれば、他にも意外な就職先があるものです。結婚式のプロフィールビデオ作成などのために、ブライダル会社が求人を出すこともあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *