いま、世界中にたくさんの企業がありますが、どこの企業も最終的には利益を求めています。

利益を出して従業員を始めステークホルダーや社会に還元していく必要があるからです。そのため企業にとって自社の存在を知ってもらうことは、存続にあたり大変重要になっていきます。そこで自社の認知度を上げる一つの方法として「動画制作」があります。今の時代、どこの会社もホームページは持っていますが、動画で自社をアピールしている会社はまだ少ないのではないでしょうか。説明文で、ある程度何をしていてどういう会社なのかはわかります。

ですが、会社の雰囲気を伝えようと思ったら文章だけでは無理があります。例えば、歓迎会がある・忘年会がある・社内旅行があると書いていてもこれだけではなにも伝わりません。イベントの動画制作をすることによって、全員参加の楽しいイベントだよ、ということが見ている側に伝わるのです。採用活動をしたいときは、どれだけ人を集められるかに掛かっているので、就職活動をしている学生や中途での求職者に対してすごく有効な手法となります。

また、動画制作は社外的にもメリットがあります。自社が何をしているのかを動画によって発信できたら、こんなことをしてほしいと思っている他社から共同開発の案件が出てくるかもしれません。それこそ、自社をアピールしたいので動画制作をしてくれませんか、という依頼も考えられます。動画の良さは、文章では伝えきれない感覚的なモノ・事をイメージできるので、より事実に近い実態をつかむことができます。まだ試したことがない企業様、試してみる価値アリですよ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *